完全に消失します

看護師

傷跡がきれい

いぼにはいろいろな種類があり、平らなものや少し膨らんだものがあります。色が濃いものや薄いもの、サイズも大きかったり小さかったりするものもあるでしょう。形状や性状などはさまざまで、ほくろや青色母斑と呼ばれている黒子より黒さが濃いものや、脂漏性角化症いわゆる老人性色素斑や尋常性疣贅とも言われているウイルス性いぼなどがあげられます。治療方法として局所麻酔を行ってから施術する単純切除や、炭酸ガスレーザーを使って施術する方法もありきれいに除去することが可能です。症状によってどのような治療法が適しているか、医師と相談しながら方法を選択することができます。きれいに治療することができ、クリニックによっては保険適応があるので健康保険証を持参しておくと安心です。例えば単純切除する場合、麻酔を行い円形にメスで切り縫合します。一般的に3mmぐらいの大きなものでも単純切除を行うときれいに治療することが可能です。レーザー治療よりも再発することが少なく、病理検査を行い悪性かどうか確認することができます。レーザー治療の場合、いぼの状態などに合わせて2種類のレーザーが使われます。尚、ウイルス性いぼに関してはレーザー治療を行うことはそれほどありません。炭酸ガスレーザーの場合、いぼや腫瘍・シミなどに対応することが可能です。炭酸ガスレーザーのメリットとして、小さないぼは麻酔なしで切除することができ、大きなものは麻酔しますが痛みはほとんどありません。治療した後瘢痕形成を小さくするため丁寧に除去していきます。発赤や腫脹などがありますが、2〜3日で消失していきます。内出血の場合は10日〜2週間ぐらいで完全に消失するので安心です。治療した部位のデコボコや発赤なども数ヶ月で消失することができます。Qスイッチヤグレーザーの場合、しみや扁平なほくろなどに対応することが可能です。2週間に1回ぐらいの間隔で4〜5回レーザー照射を行い、切除した経過を見ていきます。メリットとしてゴムで弾かれる軽い痛みを感じますが、麻酔なしで治療することが可能です。傷痕が残ることが少ないので仕上がりがきれいです。

Copyright© 2019 気になるいぼの切除方法|治療効果の高い方法は切除 All Rights Reserved.